▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。

暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。




▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:2022/5/12

一昨日の夕方の事。
窓の外は薄暗くなり始めています。

夕方の景色と言えば、
綺麗な夕焼けが好きな人の方が多いかも知れませんね。

もちろんおいらも綺麗な夕焼けは好きです。
でも、悪天候が降る暗い夕方も好きです。

今の景色はというと、
マンションのバルコニーから外を眺めると
どこまでも雲がたれ込めていて、しとしと悪天候が降っています。
そして徐々に暗くなり始めた街に、灯りがともり始めています。

その景色を眺めながら、
これまでの自分をふと振り返っていました。

妻と出会ってもうじき10年…
妻と出会う前って、自分は何考えていたんだろう。

その頃のおいらはどこに行っても、
その場の人間関係において何か疎外感のようなものを感じていました。

誰とも親密にはなれない、誰もがおいらと距離をとる、
仲間外れにされている感覚がとても強く、
それならこっちも絶対近づいてやるもんか…という具合に
内心周囲に対して敵対心を持ちながらも、
表面上はとてもいい人を演じていました。

多分昔のおいらなら今の景色をみても、
おいらはあの灯りの仲間には加えてはもらえない。
おいらはアウトサイダー。
みんなの輪には絶対入れてもらえない。
これは運命ではなく宿命、だから変えようがない…
きっとこんな風に言った事でしょう。

でも、
今はその灯り一つ一つが
暖かく輝いているように感じるんですよね。

一つ一つの灯りの中には色んな人がいることでしょう。

家族の為に忙しく夕食の準備をするお母さん。
子供をお風呂に入れている父。
パートナーと2人きりのゆったりした時間を過ごす人。
仲間で集まってにぎやかに過ごしている人。
あるいは、一人嘆き悲しんでいる人もいるかもれません。

そして、自分もその中の一つなんだ…。

▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

★メニュー

▲お役立ち情報/太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電
▲お役立ち情報/太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
▲お役立ち情報/優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える
▲お役立ち情報/訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
▲お役立ち情報/国が実施している太陽光発電の普及支援
▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
▲お役立ち情報/最近になって太陽光発電の設置費用が低下
▲お役立ち情報/助成金について自分の自治体に確認をしておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報についての勉強ステーション