▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。

暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。




▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:2021/12/08

我が家のむすこが生まれてすぐのことです。

産後、数日がたち、退院が近づいてきた日、
院長先生から、むすこに黄疸が強く出ているので
退院できないと伝えられました。

先生曰わく、
黄疸はどの赤ちゃんでも出るものですが、
それが、強くなると脳の神経に影響して
心身障害を起こすこともあるので…

おいらたちのむすこだけ居残りで、
入院して治療しましょう!ということになりました。

目隠しのテープを貼られて、
治療器の中に入れられるむすこを見て、
「かわいそう…」
そう思いながら、むすこを残しておいらたちは家路につきました。

それから数日間は、
2時間おきのペースで、病院から
「赤ちゃんが今起きましたので、母乳をあげにきてください」の電話が入り、
その連絡にあわせて嫁は、
タクシーに乗って病院に授乳しにいくという生活でした。

産後で体力が弱っていた嫁は
さぞ大変だったろうと思います。

初めてのお子さんということもあって、
おいらも、嫁も、少し不安になることもありました。
「治るよね?」
不安を消すように、そんな言葉が何度かでたように思います。

そんな経緯があったおいらたちのむすこですが、
今はおかげさまで健康に育っております。

生まれたばかりの時、
健康ということに不安があった経験をした分、
今、元気なむすこを見ると嬉しく思います。

赤ちゃんですので、
お腹が空いたり、お漏らしをすると泣きます。

それが深夜の2時であろうと、3時であろうと、
父の次の日が早起きだろうがなかろうが、
親の都合には関係無しに、不快になると大きな声で泣きます。

でも、
健康的な反応である泣き声が
とても嬉しいのです。

▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

★メニュー

▲お役立ち情報/太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電
▲お役立ち情報/太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
▲お役立ち情報/優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える
▲お役立ち情報/訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
▲お役立ち情報/国が実施している太陽光発電の普及支援
▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
▲お役立ち情報/最近になって太陽光発電の設置費用が低下
▲お役立ち情報/助成金について自分の自治体に確認をしておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報についての勉強ステーション