▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電

▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電



▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電ブログ:2017/10/18


お母さんが子どもに対する
過保護や過干渉をなくすためには、
子どもを3人以上産むことが望ましい。

お母さんが子どもを3人以上産めば、
お母さんの方が育児に対して肩の力が抜け落ちて、
子どもに必要な保護や干渉しかしなくなる。

子どもが1人や2人では、
どうしてもお母さんは子どもに過保護や過干渉を繰り返すので、
子どもの方が悲惨な目に遭ってしまう。

通常、お母さんは最初の赤ちゃんを産んで
3年以内に次の赤ちゃんを欲しくなり出す…

育児を楽しんでいれば、
「もう一人赤ちゃんが欲しい!」というのは
お母さんとして健康的な反応である。

それなのにそう思わないとなれば、
お母さんの心が歪んでおり、
お母さんとしてきちんと成長していないのである。

また、
子どもが2人いるのと、子どもが3人いるのとでは、
天と地ほどに違う。

3人目の子どもになると、
お母さんは3回も妊娠し出産したので、
妊娠や出産をきちんとできるようになり、
しかも生まれてきた赤ちゃんにも、
もう失敗することなく的確に育てることができるようになる。

しかも子どもを3人以上産むと、
夫が育児を手伝うようになり、
そのことが妻にとって感動をもたらすことになる。

子どもが2人までなら、
妻が育児の全てを行うのは当然であって、
子どもが3人以上できたなら、
もう妻の手では処理しきれないから、
夫は育児に手を出し始める。

この現象が起きると、
夫婦の絆はより一層大きくなり強くなるのだ。

現実問題として、子どもが3人もいれば、
お母さんは子どもに対して、
過保護や過干渉を行うことなどできない。

子どもができることに関しては
子どもに任してしまい、
子どもに処理させるしかなくなるのだ。
▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電

▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電

★メニュー

▲お役立ち情報/太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電
▲お役立ち情報/太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
▲お役立ち情報/優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える
▲お役立ち情報/訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
▲お役立ち情報/国が実施している太陽光発電の普及支援
▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
▲お役立ち情報/最近になって太陽光発電の設置費用が低下
▲お役立ち情報/助成金について自分の自治体に確認をしておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報についての勉強ステーション