▲お役立ち情報/助成金について自分の自治体に確認をしておこう

地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。国の助成金制度とは違い太陽光発電システム以外にエコキュートなどもあります。
またその他の省エネ設備と一緒に設置しなければ助成金制度を受けることの出来ない自治体もありますのでご注意ください。

 

助成金制度で東京都を例にしますと、助成金の申請は太陽光発電の工事が完了してシステムの稼働開始後となります。
ですからJ-PECへの申込が受理されなかったとしても、自治体助成金の申請には間に合うことがあります。自然再生エネルギーと言えば太陽光発電が話題となっており、続々と太陽光発電の導入が行われています。
一般家庭で太陽光発電を設置することできっと大きなメリットを得ることが出来ることでしょう。



▲お役立ち情報/助成金について自分の自治体に確認をしておこうブログ:2021/11/27

減量は
無理のないカロリーコントロールで
ストレスをためないことが大切です。

無理な我慢はストレスになり、イライラして、
減量そのものが
長続きしなくなってしまいます。

減量中は
「おやつを食べてはいけない」というわけではありません。

ですが、
どうせ食べるのなら、
低カロリーで、少量でも腹が満足する食材がいいですよね。

そこで、減量中のおやつとして、
私がオススメしたいのが、イモ類なんです。 

イモ類は、ビタミンCが豊富で、熱に強いのが特徴です。
低カロリーでありながら
食物繊維やカリウムは豊富に含まれているので、
減量には最適ですよ。

ただし、
スイートポテトはバターやクリームが加えられていますから、
高カロリーになりやすいので注意しましょう。

また、寒天やこんにゃくも良いですね。
低カロリーで少量でも腹が満足しますし、
食物繊維も豊富で腸内をキレイにしてくれます。

それに、小魚の干物もおすすめ!
たくさん噛むことができ、
少ない量で満腹感が得られて低カロリーです。
その上、日本人に不足気味のカルシウムを補給することができます。

ほかにも、
お菓子よりくだものを食べたり、
間食した後の食べる事量を減らしたりするのもいいですね。

減量中に腹がすいたら
「食べる事と食べる事のつなぎとしておやつを食べる」
と考えましょう。

ポイントは買い置きせず、
食べ過ぎないように気をつけることです。

ストレスをためず、色々な食材をとり入れ
無理のない減量を続けましょう!