▲お役立ち情報/最近になって太陽光発電の設置費用が低下

一般的な家庭で使用可能となる太陽光発電システムが設置され始めた1990年代初頭には、1kw約200万円と非常に高価なものでなかなか手を出すことが出来ませんでした。
しかしそんな太陽光発電もImaでは1kw65万円〜67万円程度まで安価となり、多くの家庭で導入が安易になりました。住宅の屋根型といった現場の要件や、またはシステムの規模、太陽電池の種類によって工事単価は異なってきます。
まずは太陽光発電の設置業者に聞いたり、比較サイトなどを確認してみると良いでしょう。

 

太陽光発電の工事単価は太陽光発電システム導入の諸々の工事価格をシステムの容量で単純に割った金額となります。
もし太陽光発電を導入しようと検討している人は、目安として工事単価を覚えておくと良いでしょう。少々勘違いをされている人がいますが、太陽光発電によって莫大な利益を出すことは出来ません。
そもそも太陽光発電は利益というワケではなく、全く別のメリットがあるのです。



▲お役立ち情報/最近になって太陽光発電の設置費用が低下ブログ:2022/8/06

減量を始める前のわたくしは…
「12時になったらお昼食を食べるのが当たり前」
「腹が空いたら食べるのが当たり前」
「安いがおやつあったら買い置きするのが当たり前」
「ご飯大盛りが無料なら大盛りにするのが当たり前」
…そんな生活を送っていました。

すでにこの時点で「ん?」と思う人もいるでしょうね。

私にとって「当たり前」でも、
他の人にとって「当たり前」になるとは限らないんですよね。

例えば…
「大盛りが当たり前」
「まとめ買いが当たり前」
これってオトク感を考えると、良い選択のように見えます。

定食屋などではほとんどがご飯大盛りはサービスですから、
どうせ同じ料金を払うなら、
ご飯の量は多い方がいいに決まっています。

まとめ買いも、せっかく安いおやつを見つけたなら、
たくさん買っておいてストックした方がいいですよね。

でもこれらの「当たり前」って
節約生活と言う観点で見ると正しい「当たり前」なのかもしれませんが、
減量や健康を考えた場合は、
必ずしも良いとは言えないんです!

それになんと言っても、
「買わない」ことが一番の節約です。

また定食でご飯を大盛りにすると
糖質を大量に食べ過ぎてしまうため肥満に直結します。

これでは
せっかく美味しいご飯を食べたのに、
「太ってしまう」と後悔したり、
さらに悪化すると糖尿病などを発症させる要因になってしまったりします。

つまり
短期的には同じ価格でより多くの食事ができる、
「大盛り」を頼む方がオトクなわけですが…

長期的な健康、減量などといった見地から見ると
必ずしもそうとは言えないんですね。

今日はおしまい!!!